【共催ウェビナー】
SNSやオンライン調査で確かな“アイデア”を生み出す定性定量の仮説思考

KAIZODE × Freeasy共催オンラインセミナー
株式会社マクロミルをはじめ、さまざまな企業のリサーチ業務を担ってこられた菅原大介さんをお招きし、弊社松本とともに定量と定性の観点から解説いたします。

専門的なスキルが必要とされている、マーケティング・リサーチ業務につて、特別な能力・スキルが無くとも、SNS上のユーザーの声から「仮説」をつくり、「共感度」や「支持度」など定量的な把握を通じて「売上に繋がりそうな確からしい仮説」を短時間で生むプロセスをご紹介していきます。

プロのマーケターやリサーチャーで無くとも、「確かな仮説」が作れそうだと体験いただけるよう丁寧に解説します。

【予定されている内容】
・定性観点でおこなう仮説の創り方(20分)
・定量観点でおこなう仮説の調べ方(20分)
・質疑応答(10分)
・サービスの紹介(10分)
会場:オンライン配信
開催日時:2022年6月28日 12時00分〜13時00分 
     ※締め切り :2022年6月28日 11:00
登壇者:
リサーチャー 菅原 大介さん
アイブリッジ株式会社 営業部 シニアマネジャー 榎本 涼さん
株式会社JX通信社 マーケティングセールス局 マーケティングマネージャー 松本健太郎

申し込みは終了しました

こんな方におすすめ

マーケティング・企画・開発職の方
顧客理解・分析に課題感を持っている方
現在の業務を効率化するヒントを得たい方

セミナー概要

日時

2022年6月28日(火)12時00分〜13時00分

会場

Zoomでのオンライン配信

参加費 無料
お問い合わせ 何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
marketing@jxpress.net

登壇者

株式会社JX通信社
マーケティングセールス局 マーケティングマネージャー

松本健太郎
1984年生まれ。龍谷大学法学部卒業後、データサイエンスの重要性を痛感し、多摩大学大学院で"学び直し"。
その後、株式会社デコムなどでデジタルマーケティング、消費者インサイト等の業務に携わり、現在は「テクノロジーで『今起きていること』を明らかにする報道機関」を目指す報道ベンチャーJX通信社にてマーケティング全般を担当している。
政治、経済、文化など、さまざまなデータをデジタル化し、分析・予測することを得意とし、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌にも登場している。

KAIZODEで、顧客の声から事業成長のヒントを見つける