新市場を拓いた0.5%の微アル「アサヒ ビアリー」
~どうして消費者を理解する必要があるのか、理解すると何が変わるのか~

アサヒ ビアリー
「マーケティングに消費者理解が必要だ!」と聞くと、何を当然のことを思われるのではないでしょうか。しかし、消費者のことを本当に理解し、それを施策に活かせていますか?
本セミナーでは、アルコール度数1%未満を微アルコールとして新たなカテゴリと位置付け、「アサヒ ビアリー」などを展開する、アサヒビールの福冨貴之氏をゲストに迎え、「手法論」ではなく「どうして消費者を理解する必要があるのか」「理解すると何が変わるのか」という「そもそも論」について、議論を深めます。
会場:オンライン配信
開催日時:2022年2月21日(月)13:00-14:00
登壇者:
株式会社JX通信社 マーケティングセールス局 マーケティングマネージャー 松本健太郎
アサヒビール マーケティング本部 新価値創造推進部 担当副部長 福冨 貴之さん

申し込みは終了いたしました

こんな方におすすめ

企業の広告宣伝、マーケティング、プロモーション担当の方
顧客や消費者の解像度を高めたい方
消費者理解にこれから取り組む、検討している方
インサイトに迫る、捉える方法を探している方

募集中のセミナー情報

セミナー概要

日時 2022年2月21日(月)13:00-14:00
会場 Zoomでのオンライン配信
参加費 無料
お問い合わせ 何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
marketing@jxpress.net

登壇者

株式会社JX通信社
マーケティングセールス局 マーケティングマネージャー

松本健太郎
1984年生まれ。龍谷大学法学部卒業後、データサイエンスの重要性を痛感し、多摩大学大学院で"学び直し"。
その後、株式会社デコムなどでデジタルマーケティング、消費者インサイト等の業務に携わり、現在は「テクノロジーで『今起きていること』を明らかにする報道機関」を目指す報道ベンチャーJX通信社にてマーケティング全般を担当している。
政治、経済、文化など、さまざまなデータをデジタル化し、分析・予測することを得意とし、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌にも登場している。

KAIZODEで、顧客の声から事業成長のヒントを見つける

サービスに関してご質問がありましたら、お気軽にご相談ください
詳細な情報は、資料にてご確認いただけます